「100件くらいやった」アパートに侵入して現金を盗んだとして54歳の男が逮捕(板橋区向原)

木造アパート1階の留守宅を狙って犯行

サングラスなどで変装して自転車で付近を物色

dorobou_img

 東京・板橋区で、アパートに侵入して現金を盗んだとして54歳の男が逮捕されました。

 男は約1年の間に100件ほどの犯行に及んでいたということです。

 無職の容疑者は今年7月、板橋区向原の木造アパート1階の部屋に鍵の開いた窓から侵入し、現金の入った封筒や500円硬貨が入った瓶など合わせて25万円余りを盗んだ疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、容疑者はサングラスなどで変装して自転車で付近を物色し、木造アパート1階の留守宅を狙って犯行に及んでいました。

 また、辺りが暗くなってから部屋の電気を確認して留守かどうか判断していたということです。

 板橋区周辺では同様の被害が相次いでいて、取り調べに対し、容疑者は「家賃など生活費ほしさに100件くらいやった」と供述しています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 9月8日※一部改変あり)

 

容疑者はサングラスなどで変装して自転車で付近を物色し、木造アパート1階の留守宅を狙って犯行に及んでいたということで、用意周到で計画的な非常に悪質な犯行だと思います。

サングラスで自転車に乗ってあたりを物色している人を見かけたら警戒した方がいいのかもしれないですね・・・。

今後の詳しい捜査による事件の解明が待たれます。

スポンサーリンク