ときわ台からも、「皆既月食」よく見れました(2018.1.31)

雲もなく、絶好の観察日和でした

なかなか巡って来ない「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」って

天気予報では雲が多く、雲の切れ間から皆既月食の様子を写真に撮らなきゃいけないのかなと思いきや、見事にいい晴れっぷりでした。

 

今日メディアで出てきた「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」というワード、これはなんだろ?と思いしらべてみると。

スーパームーンとは、地球に最も近づいた状況の満月または新月のこと。
(今日は、もちろん満月です)

ブルームーンとは、1か月の間に2回満月が起こるときにその2回目の月のこと。
(前回は、1月2日でした)

ブラッドムーンとは、皆既月食の時に満月が、全部隠れて見える赤黒い色の月のこと。
(皆既食の状態の月のことで、いいかもです)

これらの月の現象を足したものですね。

ちなみに、スーパー・ブルー・ブラッドムーンは1982年以来35年ぶりだそうです。
(1982年のヒット曲は、待つわ:あみん、赤道小町ドキッ:山下久美子、少女A:中森明菜、い・け・な・いルージュマジック:忌野清志郎&坂本龍一などです)

 

さて、服もこもこ状態で素敵な天体ショーへ。

綺麗なお月様です。

ときわ台からも、「皆既月食」よく見れました(2018.1.31)

これが、「スーパー・ブルームーン」ですね(20:28)

見渡す限り、周りには飛行機雲が2本走っているだけで邪魔する雲は見当たりません。

月の欠け始めの時間を気にしながら、撮影の準備をします。
(本当は湯割りを飲みながらなんて事を思いながら・・・)

月の左下が暗くなって来て、月食が始まりました。

ときわ台からも、「皆既月食」よく見れました(2018.1.31)

いつ見ても幻想的な光景です (20:52)

ここからは、寒さと「飲もうかな?」の戦いです。

相変わらず雲は現れません。

ときわ台からも、「皆既月食」よく見れました(2018.1.31)

月の欠けてるところが「モヤっ」っとしてるのが分かります。影って感じですね。 (21:06)

月が半分ほど欠けて来た時、空腹に襲われ緊急食糧補充をしました。

メニューは、「八百清ストアー」で買った「きんぴら」と白米。
(きんぴら、美味しいです)

月は更に欠けていきます。

ときわ台からも、「皆既月食」よく見れました(2018.1.31)

月がクラゲの頭に見えます (21:17)

10分弱で食事を済ませ、皆既食に備えます。

飲みたいのは内緒です。

ときわ台からも、「皆既月食」よく見れました(2018.1.31)

ふと、月の土地を持っていたのを思い出しました (21:25)

もうすぐ皆既食に近づきます。

なぜか時間が長く感じる時です。

ときわ台からも、「皆既月食」よく見れました(2018.1.31)

皆既食まで、あとわずか (21:36)

いよいよ、ブラッドムーンの登場です。

ときわ台からも、「皆既月食」よく見れました(2018.1.31)

ブラッドムーン (22:25)

まさに赤銅色。

雲が現れなくて、良かったです。

 

この後、お月様は更に上に登り、撮影するにも首が折れそうになった為に終了としました。

天候に恵まれ思う存分、皆既月食を楽しめました。

 

 

スポンサーリンク