『森の番所』と『今日のまる』天祖神社入口右側

常盤台天祖神社横にある、”都内初”の民間交番

地域住民が協力して運営する民間交番として平成19年に完成

『森の番所』ときわ台天祖神社敷地内入口右側

『森の番所』ときわ台天祖神社敷地内入口右側

天祖神社の敷地内、入口右側には、実は、東京都第1号の民間交番があります。
何十年もときわ台に住んでいる、私ことときわ台.com管理人も知りませんでした。
もしかして、TV東京で放映されていた、ときわ台が舞台の『三匹のおっさん』も
ここからインスパイアされたのかも?と勝手に妄想しちゃいました。

 地域住民が協力して運営する民間交番が12月17日、東武東上線常盤台駅南口の商店街に完成し、活動を開始した。

 この民間交番は、東京都が今年度から実施している「特定施策推進型商店街事業」の一環として開設されたもの。

 同事業は、緊急かつ重要な特定施策に 協力する商店街の取り組みを集中的に支援するために創設されたもので、防災・治安・環境・物流・福祉の5施策にかかわる事業が対象となっている。

 このうち 民間交番の設置は「治安対策事業」に区分されており、今年度中に同事業を活用して民間交番を設置するのは都内でここ1か所のみとなっている。

 平成14年頃から有識者との意見交換や既設の民間交番の見学などを継続的に行ってきた常盤台南口商店会は、昨年5月、区を通じて特定施策推進型商店街事業に応募。8月に補助対象事業として認可された。

 交番が設置されているのは、常盤台駅から徒歩約30秒に位置する天祖神社敷地内にある用地で、神社の協力により無償貸与を受け設置されている。

地 域住民に親しみを持ってもらおうと、木々に囲まれた環境にちなんで「森の番所」と名付けられた。

 木造平屋建て約9平方メートルの建物は、景観との調和を考 慮して落ち着いた和風デザインが施されている。

 森の番所の管理運営は同商店会や隣接の商店街・地元町会・学校・PTAなどで組織した「南ときわ台民間交番 運営委員会」と、地域住民ボランティアからなる「交番協力員」が連携して行う。

 体制は、2人一組、1日3交代、午前8時から午後9時まで常駐とし、年間 200日以上の活動を目標としている。

 17日に行われた開所式には、商店街関係者をはじめ地元町会・学校・PTA・警察・区関係者など約80人が出席。地域一体となって交番の完成を盛大に祝った。 

(出典:Web職員報いたばし平成19年1月号)

こんな立派な活動をしている方々がときわ台にいたのですね!素敵です。
尊敬しちゃいます!そして、ときわ台の治安が悪くならないのも、この方々のおかげかもしれないですね。

『森の番所』に勤務している、黒ラブの『まる』

『森の番所』と並んで有名かもしれないのが、『森の番所』に勤務している、黒いラブラドールレトリバーの『まる』です。
実は私、『まる』はずっと前から知っていました。天祖神社を通るときはいつもなでて癒されていました。

この『まる』、とても大人しくて賢そうないい子だな~と思っていたら、なんと、警察犬の訓練を受けた立派なワンコだったのです。
今は、パトロールなどで地域に貢献しています。

あらためて、『まる』すごいです。
そして、Twitterでもつぶやける賢いワンコだったりします(もちろん中の人はいるはず?)。
そのTwitterが、『今日のまる』@morinobannsyoなのです。

『森の番所』に勤務している『まる』(出典:@morinobannsyo)

『森の番所』に勤務している『まる』(出典:@morinobannsyo

『まる』かわいいですね!是非、みなさまフォローしてみてください。
癒されること間違いなしです。
このサイトのTwitterアカウントのときわ台.com(@tokiwadai_com)も、もちろんフォローしています。

天祖神社:アクセス【東京都板橋区南常盤台2-4-3】

天祖神社

スポンサーリンク