キャッシュカードや現金をだまし取る特殊詐欺に注意。偽銀行協会職員を装っています(板橋警察署)

あなたのキャッシュカードや現金が狙われています。

オレオレ詐欺ではなく、新しい種類の特殊詐欺に気をつけましょう

キャッシュカードや現金をだまし取る特殊詐欺に注意。偽銀行協会職員を装っています(板橋警察署)

キャッシュカードや現金をだまし取る特殊詐欺に注意。偽銀行協会職員を装っています(板橋警察署)

板橋警察署の方が、写真のようなチラシを配っていました。キャッシュカードや現金を騙し取る特殊詐欺についての注意のチラシでした。

警察官の方の説明では、まず、詐欺師は、高島屋や伊勢丹など、有名なデパートの店員を装って電話をかけてくるそうです。

有名デパートのクレジットカードを持っている方は、そんな電話がかかってきたら信用するのではないでしょうか。

そして、『あなたのクレジットカードを使って買い物をしている者がいるので、あなたのクレジットカードが悪用されている可能性が高いから、全国銀行協会員と話をしてください』と恐怖を煽るようなことを言われるようです。

次に、偽の全国銀行協会職員を名乗る電話がかかってきて、『クレジットカードが悪用されているということは、あなたの銀行口座も悪用されている可能性が高いので、口座と暗証番号を教えてほしい。銀行口座を新しくするので、通帳とキャッシュカードを、職員が取りにいくので渡してほしい』などと言って、職員を向かわせるようです。

最終的には、”一般社団法人 全国銀行協会(JBA)”の偽造した名刺をカードホルダーに入れたものを首から下げている、偽の全国銀行協会職員がやってくるそうです。

調べてみましたら、一般社団法人 全国銀行協会(JBA)とは本当に存在していますので、ここの職員を装っているようです。

そして、この”一般社団法人 全国銀行協会(JBA)”の偽造した名刺をカードホルダーに入れたものを首から下げている、偽の銀行協会職員が、”金融商品ご解約回収証明書”という、存在しない偽の書類に、暗証番号や口座番号を記入するよう指示するそうです。

そして、悪用されているという名目で、キャッシュカードを騙し取り、記入させた、暗証番号を使って現金を引き出す手口のようです。

最初にかかってくる電話は、有名デパートの店員を装う以外にも、有名家電量販店や、有名ホテルの従業員、有名銀行の銀行員、警察官を装う場合もあるようです。

こういったキャッシュカードや現金を騙し取る詐欺が増えているので、気をつけてくださいとのことでした。

おそらく、警察官の方は、常盤台の住宅、一軒、一軒を訪問して、クレジットカードやキャッシュカードを騙し取る詐欺の説明と注意をしてくださっているようでした。

とても大変だとは思いますが、頑張ってください!と心から思いました。

こういった情報を知らない人が、もしかしたら詐欺に巻き込まれる可能性も多いと思いますので、警察の方の啓蒙活動は詐欺を撲滅してくためにも必要な行為なのではないでしょうか。

板橋警察署の電話番号は、03-3964-0110 ですので、おかしいと思ったら、すぐに連絡してください。

スポンサーリンク